代表理事挨拶

藤田代表理事 「強く願えば夢は叶う。」この言葉を信念に夢を描き、夢を実現させてきた父佐藤陽が、人生の最後に叶えた夢が、この「佐藤陽国際奨学財団」(旧称「サトー国際奨学財団」)でした。

 1996年の設立直後のアジア経済危機、その後のスマトラ島沖地震そして東日本大震災など厳しい現実に直面した奨学生も少なくありませんでしたが、それぞれに進むべき道を切り開き、現在は600名を超えるSATOM(卒業生)が母国や日本だけでなく世界中で活躍しています。日本の大学に研究者として残り、理事として財団の運営に参画してくれているSATOMもいます。

 20周年を契機に、支援を必要としている学生が夢を諦めないで前へ進めるように、夢を持てなかった学生が希望の芽を膨らませてくれるように、支援の対象や方法をより良いものにしていきたいと考えています。

平成28年 4月 1日
藤田 昌子

PAGETOP
Copyright © 佐藤陽国際奨学財団 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.